介護現場のコミュニケーションを一歩先へ

利用規約

1. 総則

第1条 (適用)

  1. 本利用規約は、株式会社エクサウィザーズ(以下「当社」といいます。)が提供するケアコチ(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。
  2. 本利用規約の内容と、本利用規約外における本サービスの説明等が矛盾・抵触する場合は、本利用規約の規定が優先して適用されるものとします。ただし、申込書に記載の内容は本利用規約に優先するものとします。

第2条 (定義)

本利用規約においては、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。

  1. 本契約
    本利用規約に基づき当社と契約団体又は当社と利用者との間で締結される、本サービスの利用に関する契約をいいます。
  2. 契約団体
    利用者に本サービスを利用させるために、当社との間で本契約を締結する者をいいます。
  3. 利用者
    契約団体から本サービスの利用資格を付与された者をいいます。
  4. 契約団体情報
    契約団体が、本サービスの利用の申込みにあたり当社に提出する情報をいいます。
  5. アカウント情報
    本サービスにおいて利用者を認証するためのID及びパスワードをいいます。
  6. 本コンテンツ
    利用者が本サービスのクラウドサーバー上に送信した動画並びにそれらの動画に付加されたコメント及びスワイプ動作の軌跡等をいいます。

2. 利用開始

第3条 (利用申込み)

  1. 契約団体は、本利用規約に同意のうえ、当社が定める方法で契約団体情報を当社に提供することにより、本サービスの利用を申し込むものとします。当社が当該申込みを受け、契約団体にアカウント情報を付与した時点で、申込みに対する当社の承諾があり、当社と契約団体との間で本契約が成立したものとします。
  2. 本サービスは、日本の医療法人及び医療機関並びに介護事業その他の事業を行う法人、機関又は団体を対象としたサービスです。契約団体は、複数の事業所又は施設を対象として本サービスの申込みをすることができますが、本契約の締結は事業所・施設単位となり、前項のアカウント情報は事業所・施設ごとに発行します。
  3. 当社は、契約団体が以下のいずれかに該当する場合は、本サービスの利用の申込を承諾しないことがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    1. 契約団体が実在する日本の法人、機関又は団体と認められなかった場合
    2. 契約団体情報に虚偽又は誤記があった場合
    3. 本サービスの利用目的が、本サービスの評価又は解析など、本サービスが想定する目的と異なるものであると疑われる場合
    4. 過去に当社との契約に違反した者又はその関係者である場合
    5. 自ら又は自らの代表者若しくは役員等が反社会的勢力等(暴力団、暴力団関係者、暴力団関係団体その他の反社会的勢力又はこれに準じる者をいいます。)である場合
    6. その他、本サービスの利用が適当でないと合理的に判断される場合
  4. 当社が第1項の申込みの承諾時に併せて通知する本サービスの利用料金の初回の支払期限までに、契約団体が利用料金の支払を行わない場合、契約団体による本サービスの利用の申込みは取り消されたものとみなして、本契約は終了し、当社からの本サービスの提供を終了します。

第4条 (契約団体情報の変更)

  1. 契約団体は、契約団体情報に変更があった場合、当社が定める方法により速やかに当社に通知するものとします。
  2. 契約団体が前項の通知を怠ったことにより当社からの通知が不到達となった場合、当該通知は通常到達すべき時に到達したとみなします。

第5条 (利用者資格の付与)

  1. 契約団体は、当社が発行したアカウント情報を利用者に付与することにより、利用者に本サービスを利用させることができます。ただし、契約団体が本サービスを利用させることができる利用者は、以下のいずれかの者に限られます。
    1. 契約団体に所属する役員又は従業員
    2. 契約団体がその通常の業務を委託する者
    3. 契約団体が医療法人、医療機関又は介護事業者である場合、そのサービスの提供先
    4. 契約団体が介護事業者である場合、生活機能向上連携加算に係る助言を求める医療機関の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師
  2. 契約団体は、利用者が前項各号のいずれにも該当しなくなった場合、当該利用者に付与されているアカウント情報の削除等の適切な方法により、当該利用者が本サービスを利用できないようにする措置を取るものとします。
  3. 契約団体は、利用者1人ごとにアカウント情報1個を付与するものとします。1個のアカウント情報を複数の利用者間で共有させることはできません。
  4. 利用者は、本サービスの利用に当たり、本利用規約を遵守するものとします。契約団体は、利用者に本利用規約を遵守させる責任を負い、利用者による本利用規約への違反につき契約団体の義務違反としてその責任を負うものとします。

3. 本サービスの内容及び注意事項

第6条 (本サービスの内容)

契約団体及び利用者は、本契約の内容に応じて、次の全て又は一部の機能を利用することができます。

  1. 動画共有機能
    利用者が撮影した動画を本サービスのクラウドサーバー上に送信して、契約団体内の他の利用者に共有し、当該他の利用者が当該動画にコメントやスワイプ動作の軌跡等を付加することのできる機能
  2. 歩容解析機能
    利用者が撮影した被撮影者の歩行(約5メートル分の歩行)の様子を撮影した動画(以下「歩行動画」といいます。)を本サービスのクラウドサーバー上に送信することで、人工知能(AI)により歩行動画の解析を行い、その解析結果から被撮影者の歩行状態を推測する機能、及び被撮影者に推奨される運動トレーニングを表示する機能
  3. 配信動画閲覧機能
    当社が本サービス上で配信する介護、機能訓練又はリハビリに関する動画を閲覧する機能
  4. 動画添削機能
    配信動画閲覧機能に加え、利用者が本サービスのクラウドサーバー上に送信した動画に対し、当社又は当社の委託先が、介護動作、機能訓練動作又はリハビリ動作の指導等の観点からコメントやスワイプ動作の軌跡等を付加することのできる機能

第7条 (本サービスの注意事項)

  1. 歩容解析機能により得られる被撮影者の歩行状態の推測結果は、あくまで歩行動画に対する人工知能(AI)による解析結果に基づくものであり、実際に理学療法士等が被撮影者の歩行状態を観察した場合の結果と同一であることを保証するものではありません。また、歩容解析機能により表示される運動トレーニングを被撮影者に実施させることについては、被撮影者の実際の状況に応じて、利用団体及び利用者の責任でご判断ください。
  2. 動画閲覧機能において当社が配信する介護、機能訓練又はリハビリに関する動画、及び動画添削機能において利用者が共有した動画に対して当社が付加したコメントやスワイプ動作の軌跡等は、医療行為である診察、診断又は治療として行われるものではありません。医療機関への受診の要否等の判断については、利用団体及び利用者の責任で行ってください。
  3. 本サービスで動画を撮影する場合、被撮影者の個人情報の取得と利用に関し、利用団体及び利用者の責任において事前に被撮影者の同意を取得してください。
  4. 本サービスの利用及び本コンテンツの撮影、閲覧、送信、削除等の行為は、利用団体及び利用者の自己責任において実施するものとし、本サービスの利用又は本コンテンツの撮影、閲覧、送信、削除に起因してなされた利用団体又は利用者による一切の行為及びその結果について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第8条 (アカウント情報の管理)

  1. 契約団体及び利用者は、自らの管理責任により、アカウント情報を不正使用されないよう厳格に管理するものとし、いかなる場合においても、利用者自身以外に本サービスを利用させ、又はアカウント情報を貸与、譲渡、売買等してはならないものとします。
  2. 当社は、当社が契約団体に付与し、又は契約団体が利用者に付与したアカウント情報を利用して行われた全ての行為は、契約団体又は利用者による行為であったものとみなし、当該行為がアカウント情報の盗用又は不正利用による第三者の行為であったとしても、それらにより契約団体又は利用者に生じた損害は契約団体の責任とします。

第9条 (禁止事項)

契約団体は、本サービスの利用に際して、以下の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。

  1. 医療行為としての診察又は診断の目的で本サービスを利用すること
  2. 本サービスの内容及び本サービス上のコンテンツを、当社の許可なくインターネット上にアップロードし、又は不特定多数の第三者が閲覧可能な状態におくこと
  3. 当社、他の利用者又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利その他の権利又は利益を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
  4. 本サービスにより利用し得る情報を改ざん又は消去する行為、ウェブサイトやアプリケーション等の改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング及びこれらに類する全ての行為並びにこれらにより本サービスを不正に利用する行為
  5. 第三者になりすまして本サービスを利用する行為
  6. 当社又は第三者の設備等の利用、運営に支障を与える行為、又は、与えるおそれのある行為
  7. 反社会的勢力等への利益供与
  8. 上記各号の他、法令若しくは公序良俗に違反する行為
  9. 第三者に、前各号までのいずれかに該当する行為をなさしめ、又は、当該第三者の当該行為が存在することを知りながら適切な措置を講じることなく放置する行為
  10. 本利用規約又は本サービス上で掲載する本サービス利用に関するルールに違反又は抵触する行為
  11. その他当社が不適切と合理的に判断する行為

4. 利用料金

第10条 (利用料金)

  1. 本サービスの利用料金及びその支払期限は次のとおりとします。
    1. 利用料金:月額料金とし、詳細は申込者と当社で協議して定めるものとします。また、契約時に初期費用10万円を別途お支払いいただきます。
    2. 支払方法:申込者と当社で協議して定めるものとします。
  2. 契約団体が本サービスの利用を月の途中で開始し、又は月の途中で終了した場合であっても、当月分の利用料金は日割り計算を行わず、1か月分の利用料金が適用されるものとします。
  3. 契約団体が利用料金の支払いを遅延した場合、契約団体は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
  4. 契約団体が、利用料金の支払を支払期限までにしなかった場合、当社はアカウント情報の利用を停止し、支払が確認されるまで本サービスの提供を中断できるものとします。支払期限から1週間を超過しても利用料金の支払の確認がなされない場合、当社は本契約が終了したものとみなし、本サービスの提供を終了することができます。

5. 本サービスの提供の停止又は終了

第11条 (サービスの停止又は解除)

  1. 当社は、契約団体又は利用者が本利用規約のいずれかの条項に違反した場合は、事前に通知又は催告することなく、契約団体による本サービスの利用を一時的に停止し、又は本契約を解除することができるものとします。但し、この場合も当社がすでに受領した本サービスの利用料金の返金は致しません。
  2. 前項に定める場合、契約団体は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してすべての債務の支払いを行うものとします。

第12条 (解除)

  1. 当社及び契約団体は、相手方が次の各号のいずれかに該当する場合、相手方への催告を要することなく本契約の全部もしくは一部を解除することができるものとします。
    1. 自己の事業に支障を与える行為を行った場合
    2. 重要な財産に対する差押、仮差押、仮処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立てが行われた場合
    3. 解散もしくは事業の全部の譲渡、又はその決議がなされた場合
    4. 自ら振り出しもしくは引き受けた手形又は小切手が不渡りとなる等支払停止状態に至った場合
    5. 監督官庁から営業停止、又は営業免許もしくは営業登録の取消しの処分を受けた場合
  2. 契約団体は、当社が本契約に違反し、又は当社の責めに帰すべき事由によって本サービスの利用を継続し難い重大な事由が発生し(以下「違反等」という。)、当該違反等について、書面による催告をしたにもかかわらず14日以内にこれを是正しないときは、本契約の全部もしくは一部を解除することができるものとします。

第13条 (契約団体都合による解約)

契約団体は、契約団体の都合により本契約を解約しようとする場合は、解約月の前々月末日(最終利用月の前月末日)までに、当社の指定する方法により、その旨を当社に通知するものとします。

第14条 (本サービスの提供の中断)

当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、事前に契約団体又は利用者に対して周知したうえで、本サービスの提供を中断することができるものとします。ただし、緊急の場合には、事前の周知をすることなく本サービスの提供を中断し、事後速やかに契約団体又は利用者に周知するものとします。

  1. 本サービスのメンテナンスや修理を定期的又は緊急に行う場合
  2. 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合
  3. 地震、落雷、火災、風水害、停電その他天災地変等の不可抗力により本サービスを提供できない場合
  4. その他当社が本サービスの提供の中断を必要と合理的に判断した場合

第15条 (本サービスの終了)

  1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。かかる場合、契約団体が支払済みの利用料金のうち、本サービスの終了後の期間に対応する金額を日割計算により返金します。
  2. 本サービスの提供を終了する場合、当社は、やむを得ず事前の通知ができない場合を除き、事前に契約団体又は利用者に対して通知を行います。

6. 保証及び免責

第16条 (保証の制限)

  1. 当社は、本サービス及び本サービスを通じて契約団体及び利用者に提供される情報が完全性、正確性、有用性及び契約団体の特定の目的への適合性を有すること及び本サービスに不具合が生じないことを保証するものではありません。また、契約団体及び利用者は、本サービス及び本サービスを通じて得た情報等を自己の責任で利用するものとします。
  2. 本サービスに重要な瑕疵が認められた場合における当社の修補責任は、商業的に合理的な範囲内において、本サービスの修正ないし瑕疵の除去の努力をすることに限られるものとします。ただし、契約団体は、当該重要な瑕疵により契約の目的が達成できない場合は、本契約を解除することができるものとし、当社は当該本サービスの利用料金を返還するものとします。
  3. 本条は、本サービスに関する唯一の保証について述べたものです。

第17条 (免責及び損害賠償の制限)

  1. 当社は、契約団体又は利用者と第三者との間で本サービスの利用に起因して紛争が生じた場合であっても、一切責任を負うものではなく、契約団体は自己の責任で第三者との紛争を解決するものとします。また、当該紛争により当社に損害が生じた場合には、契約団体は当該損害を賠償するものとします。
  2. 当社は、本サービスに関連して契約団体又は利用者が被った損害について、当社に故意又は重過失があったときを除き、一切賠償の責任を負いません。当社に故意又は重過失がある場合においても、当社の損害賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により現実に発生した直接かつ通常の損害に限られるものとし、かつ、その賠償額は損害の事由が生じた時点から遡って過去3か月間に当該契約団体から現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

第18条 (侵害の場合の責任)

本サービスの利用に関して、第三者から契約団体又は利用者に対して知的財産にかかるクレーム、その他の請求が発生した場合、契約団体はただちに当社に通知するものとし、当社はその責任と負担においてかかるクレーム等を処理するものとします。ただし、かかるクレーム等の発生が契約団体又は利用者自身の責めに帰すべき事由に基づく場合及び契約団体が当社にクレーム等の発生を速やかに通知しなかったことにより当社が適切な防御を行なう機会を逸することになった場合は、この限りではありません。

第19条 (不可抗力)

当社は、天災、法令・規則の制定・改廃、その他の不可抗力によって本サービスの履行が妨げられた場合には、本利用規約その他の一切の規定にかかわらず、かかる不可抗力によって契約団体及び利用者に生じた損害について一切の責任を負担しません。

7. 情報及び権利

第20条 (契約団体に関する情報の取扱い等)

  1. 契約団体は、契約団体情報及び本コンテンツを当社に対して提供することについて適法な権利を有しており、第三者の権利を侵害していないことを表明及び保証するものとします。
  2. 当社は、本サービスの適切な運用及び改善のために必要な範囲で、契約団体及び利用者の本サービスの利用状況を確認することがあります。契約団体及び利用者は、本サービスの利用状況が当社によって確認される可能性があることに予め同意するものとします。
  3. 当社は、本コンテンツ、前項の利用状況及び本サービスに関し契約団体又は利用者から取得した契約団体及び利用者の情報(個人情報を含みます。)を、本サービスの適切な運用及び改善のため利用するほか、特定の個人を識別できないよう加工したうえで当社の新規サービス・製品の開発のためのデータ分析のために必要な範囲で使用することがあります。契約団体及び利用者は、当社によるこれらの使用を許諾するものとします。
  4. 当社は、契約団体又は利用者が当社に提供する情報に含まれる個人情報の取扱いについては、本利用規約に定める事項のほか、別途定める当社のプライバシーポリシー(https://exawizards.com/privacy)によるものとし、契約団体及び利用者は、このプライバシーポリシーに従い当社がかかる個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。

第21条 (契約終了後の処理)

  1. 利用者は、理由の如何を問わず本契約が終了した場合、本サービスの利用を終了し、以後、本サービスを利用することはできません。この場合、契約団体及び利用者は、本サービス上に登録・保存したデータを参照・閲覧・操作・取得等することができなくなるものとします。
  2. 当社は、前項の場合には、本サービスに格納された契約団体又は利用者に関する一切の情報及び本コンテンツを、本契約の終了日から60日以内に当社の責任で消去するものとします。この場合、当社は、かかる消去等によって契約団体又は利用者に生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。

第22条 (本サービスの知的財産権)

  1. 本サービスに関する著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録出願する権利を含みます。)を含む一切の権利は、当社又は当社にライセンスを許諾している者が保有するものです。本サービスの使用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  2. 本コンテンツとして利用者が本サービスのクラウドサーバー上に送信した動画の著作権は、契約団体又は利用者に留保されます。ただし、契約団体及び利用者は、当社に対し、本サービスの提供のため必要な限度で、本コンテンツを使用、複製、変更、翻案、公開、翻訳、二次的著作物の作成、配布又は表示できる、非独占的かつ無償の、サブライセンスを含む権利を許諾するとともに、かかる使用等について著作者人格権を行使しないものとします。

8. その他一般条項

第23条 (通知方法)

  1. 当社から契約団体又は利用者に対して行う通知は、電子メール又は本サービス上への掲載等、当社が適当と判断する方法により行います。
  2. 前項の規定に基づき、当社から契約団体又は利用者への通知を電子メールの送信又は本サービスへの掲載の方法により行う場合、当該通知は、電子メールの送信時点又は本サービス上への掲載がなされた時点から効力を生じるものとします。

第24条 (利用規約の変更)

  1. 当社は、次に掲げる場合、民法第548条の4に基づき、契約団体及び利用者との個別の合意なしに、本利用規約を変更できるものとします。
    1. 本利用規約の変更が、契約団体及び利用者の一般の利益に適合するとき
    2. 本利用規約の変更が、本サービスの目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
  2. 前項に基づき本利用規約を変更する場合、当社は前条に定める方法をもって、本利用規約を変更する旨及び変更後の本利用規約の内容並びに変更の効力発生時期を事前に周知するものとします。
  3. 前二項に基づく場合のほか、契約団体又は利用者が本利用規約変更後に本サービスを利用した場合、契約団体及び利用者は本利用規約の変更に同意したものとみなします。

第25条 (委託)

当社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を、契約団体の承諾なしに第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は委託先に対して、本契約に基づいて当社が契約団体に対して負担するのと同一の義務を課すとともに、その行為について一切の責任を負うものとします。

第26条 (反社会的勢力等の排除)

当社は、反社会的勢力等による本サービスの利用を禁止します。当社は、契約団体又は利用者が反社会的勢力等に該当すると合理的に判断した場合、事前に契約団体及び利用者に通知することなく、本サービスの提供を停止することができます。当社は、当該提供停止によって契約団体及び利用者に生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。

第27条 (契約上の地位の譲渡等)

  1. 契約団体は、当社の書面による事前の承諾なく、本契約の契約上の地位又は本契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡又は会社分割等の組織再編により承継した場合には、当該事業譲渡又は承継に伴い本契約の契約上の地位、本契約に基づく権利及び義務並びに本サービスの提供に必要な情報等を当該事業譲渡等の相手方に譲渡又は承継することができるものとします。

第28条 (分離可能性)

本利用規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本利用規約の残りの規定、及びその一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第29条 (合意管轄、準拠法)

  1. 本サービスに関する訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  2. 本利用規約に関する準拠法は、日本法とします。

第30条 (協議等)

本利用規約に規定のない事項及び規定された項目について疑義が生じた場合は、誠意をもって協議のうえ、解決することとします。

以上

施行:2019年9月13日
改訂:2020年1月31日
改訂:2020年11月6日